go the distance

研究と教育に関するあれこれ。

日本教育工学会SIG-01のセミナーで講師をします

以下のセミナーで講師をします。

このきっかけになった論文は、博士課程時代のもの。

何がどうつながるかわからないものです。

 

ご興味がある方、ぜひ仙台でお会いしましょう!

テキスト分析の仲間を増やしたいです。

 

以下、セミナーのご案内です(SIG01からのメール文を転載)。

 

-----------
日本教育工学会SIG-01「高等教育・FD」
第4回 セミナーのお知らせ

ツールに頼りすぎないテキストデータの分析 -もう一工夫して論文を書こう-

 

アンケートの自由記述やポートフォリオなど、手元にテキストデータがたくさん
あるのだけれど、どう分析していいかわからない。テキストマイニングのツールを
使って可視化はしてみたんだけど、それって論文になるのかな?
そんな経験はありませんか?

SIG-01「高等教育FD」第4回セミナーでは,「テキストデータの分析」を
テーマにします。とくに、ツールを使って形態素解析や可視化を行うだけではなく、
もう一歩踏み込んで論文に使えるテキストデータの分析について考えます。

講師は公立はこだて未来大学の椿本弥生准教授です。椿本先生は、教育工学の
領域で様々な開発研究やデータ分析をされており、テキストデータの分析に
ついても豊富な経験をお持ちです。
SIG-01代表の松河からも、テキストデータ分析の最もシンプルな例として、
単語出現頻度に着目した分析例をお話しします。

その後、特別なツールではなく、エクセルを用いて単語出現頻度のカイ二乗分析・
残差分析を実際に試してみるワークショップを行います。

セミナーの対象者は、テキストデータの分析に興味を持っている方、研究における
テキストマイニングツールの利用に行き詰まりを感じている方です。

教育工学の領域でテキストデータを分析して論文を書いてみたいとお考えの方は、
ぜひお越しください。研究手法のレパートリーを増やしましょう。

 

日時:2017年9月8日(金)13:30-17:30(4時間) 13:00 受付開始
講師:椿本弥生(公立はこだて未来大学准教授)
   松河秀哉(東北大学准教授)
定員:20名
場所:東北大学 川内北キャンパス 高度教養教育・学生支援機構
   川内北合同研究棟 1F 101 CAHEラウンジ
        http://www.ihe.tohoku.ac.jp/?page_id=770 左記URLの①番の建物
題目:「ツールに頼りすぎないテキストデータの分析」
参加費:500円(資料代)
持ち物:※エクセルがインストールされたノートPCを必ずお持ちください。

内容:詳細に関しては現在調整をしておりますので,多少の変更があります.

13:30~13:40 趣旨説明
13:40~15:00 椿本弥生先生(公立はこだて未来大学)による講演
15:00~15:20 休憩
15:20~16:00 松河秀哉先生(東北大学)による事例紹介
16:00~17:30 テキストの形態素解析カイ二乗分析・残差分析ワークショップ

企画:日本教育工学会 SIG-01 高等教育・FD
問い合わせ先:sig-01core@jset.gr.jp (SIG01幹事)

申込: 下記のURLから申し込みしてください
https://goo.gl/NxRGgm

懇親会:仙台駅周辺で開催予定

-----