go the distance

研究と教育に関するあれこれ。

ほんとにノンストップだった&学会発表のおしらせ

前回のエントリから、あっという間に4ヶ月。ほんとにノンストップでした。よく働きました。

 

採点も一段落して、これから学会シーズン。今年も、日本教育工学会と、日本教育心理学会で発表します。

発表タイトルと日時はこちら。会場で議論していただけると嬉しいですー。


日本教育工学会 9月18日(日) 11:50 ~ 13:10(P2a ポスター )

新入生オリエンテーションでとった学習方略に関する質問紙を、2年分分析しました。
学生を3群に分けて、多母集団の共分散構造分析をしてみました。
この方法でいいのかとか、こういう方法あるよとか、結果をこんなふうに使えそうだねとか、
当日はそういう議論をさせていただけると嬉しいです。

P2a-27
大学初年次生の進路選択に関わる学習方略―メタ認知方略の活用度の差に着目して―
◎椿本 弥生, ほか4名


ちなみに、共著での発表も同じセッションです。
学習支援センターのデータ分析です。チューター研修の成果は利用者満足度に影響するのか? 
こちらもぜひ、お越しください。

P2a-07
利用者満足度の規定要因からみたチューター研修の成果
椿本 弥生(第3著者),ほか4名


日本教育心理学会 10月8日(土)15:30-17:30 ポスター発表(PC)

アカデミックライティング授業で、文章産出困難感尺度をPre、Postでとりました。
その分析です。PreとPostで、尺度感の因果関係は変化するのか。
ここでも、共分散構造分析をしています。今年はそればっかりだなー。

PC42
文章産出困難感尺度の因果関係の検討―大学初年次の文章産出の訓練は因果関係を変化させるか―
椿本 弥生, ほか1名

◯文章産出困難感尺度はこちら
岸 学・梶井芳明・飯島里美(2012).文章産出困難感尺度の作成とその妥当性の検討.東京学芸大学紀要, 総合教育科学系, 63(1), pp.159-169

◯Amos使いのバイブル、今年は特にお世話になりました。

小塩先生の本は、本当にわかりやすい。学生に教えるときにも、自分で使うときにも重宝しています。初めてのAmosでの分析も、この本でできました。 

実践形式で学ぶSPSSとAmosによる心理・調査データ解析

実践形式で学ぶSPSSとAmosによる心理・調査データ解析