go the distance

研究と教育に関するあれこれ。

論文が掲載されました

サービス学会誌「サービソロジー(serviceology)」に、以下の論文が掲載されました。 椿本弥生(2017)ピア・チュータリング:教えることで学ぶ. サービソロジー, 4(2), 16-23. 実は、初の単著です。 未来大学で取り組んできたピア・チュータリング実践研究…

日本教育工学会SIG-01のセミナーで講師をします

以下のセミナーで講師をします。 このきっかけになった論文は、博士課程時代のもの。 何がどうつながるかわからないものです。 ご興味がある方、ぜひ仙台でお会いしましょう! テキスト分析の仲間を増やしたいです。 以下、セミナーのご案内です(SIG01から…

2017年度のゼミ生が決まりました&さっそく活動開始

椿本研を第一希望にしてくれた数名のうち、3名が来年度の卒研生として配属されることになりました。 今年度は卒研生がいないので、ほこりをかぶっていた学生室を掃除して、最低限使えるようにもろもろセットアップ。おやつも買って、缶に入れときました。 セ…

研究室訪問

卒業研究をどの研究室でするか。 3年生にとっては重大な問題。 先週から今週にかけて、ラボ訪問期間でした。多くの(といっても10名くらい)学生と面談しました。 今年度から本学では、研究室配属を「学生と教員の2集団間の最適なマッチング解を導く活動」…

日本教育工学会全国大会に参加しました

科研の書類や後期の授業の準備を抱えながらの参加(みんなそうですね)でした。個人的には,Institutonal ResearchやLearning Analysicsの勉強ができたのが大きな収穫でした。 ポスター発表には,「これを狙って聴きにきました」と言ってくださる方が多く,…

夏休み。

ニセコに行ってきました。 景色、空気、食べ物、水、おまけに天気まで最高でした。 写真は、羊蹄山。

「大学生ミライ」シリーズ、ついに続刊が。

このシリーズ、好きなんです。優しい(易しい)ストーリーで、統計のツボを自然と学べる。心理統計を勉教したことない、勉強しなきゃ、でもちょっと抵抗がある・・・ そんな学生に勧めてます。 大学生ミライの統計的日常―確率・条件・仮説って? (ストーリー…

ほんとにノンストップだった&学会発表のおしらせ

前回のエントリから、あっという間に4ヶ月。ほんとにノンストップでした。よく働きました。 採点も一段落して、これから学会シーズン。今年も、日本教育工学会と、日本教育心理学会で発表します。 発表タイトルと日時はこちら。会場で議論していただけると…

2016年度,前期スタート

今年度も,1年生必修の学術的文章読解・産出の講義「科学技術リテラシ」と,メタ学習ラボのチューター研修が始まりました.開始できるようにするまでの準備があまりにも怒涛すぎて,それぞれの第1回が無事に終わった今,ものすごく気が緩んでいます(笑) …

1歳児の寝言集

最近,夜泣きが減った代わりに,寝言をつぶやくようになった息子。最近の寝言を3種類収集しました。いずれもわりと大きな声なので,もれなく驚きます。 (1)「パパ―,ママーーーッ!」→ 何事かと驚いて寝室の扉を開けたら,熟睡してました。何を訴えたか…

学習支援センターの新ディスプレイ

アルファベットのブロックで,「メタ学習ラボ(Meta Learning Lab)」の頭文字「MLL」を作って,ラボの入口に飾ってみよう. やわらかでウェルカムな雰囲気が伝わるといいんだけど. 先日,2年生の学生が, 「(今は怖くないってわかってるけど)1年生の時…

意外に集中できる

集中講義の最終日に,発熱した息子. 授業終わるの待ってたんだろうなあ…. ちょっと待ちきれなかったようです(笑) あれから約一週間経つけれど,依然熱は高いまま. 看病のため有給をとったりしたけれど,採点やら科研費の繰越申請書やら,やることは満載…

後期集中講義「メディアの科学」

今年は集中講義で行っています。グループワーク中心の演習型講義です。学生には,インストラクショナルデザイン理論を用いた教材開発・評価をしてもらいます。 教科書を事前に読んできてもらい,講義では演習中心。教科書を読んでいる前提でどんどん進めます…

FD講演「論理的なレポートの書かせ方と評価方法」

秋田県立大学 秋田キャンパス 生物資源科学部で、FD講演をさせていただきました。レポートライティングと評価にお悩みとのことだったので、現在未来大で行っている初年次ライティング教育の実践報告を中心にお話してきました。反転授業での文章教育の方法と…

前期集中講義「情報メディア社会論」

前期集中講義「情報メディア社会論」終了しました。面白かったですが、いやはや、疲れました。集中講義はスポーツですね。。。 私の大学では集中講義は5日間設定されていて、その中で時間割を比較的自由に組めます。5日間で15コマ×90分を展開します。…

FDの講演をします

秋田県立大学生物資源科学部のFD講演会で、講師を担当します。 日時:9月1日(火)9:30〜11:00 演題:「論理的なレポートの書かせ方と評価方法」 そんな方法があったら私が教えてほしいです、という演題で、 どうしようかなーと思っています。 現…

学会発表の予定

夏だ、採点だ、学会だ! というわけで、学会発表の予定をお知らせします。 今年は、日本教育工学会全国大会で発表します。 去年は表彰式だけ出て帰るという、ひどい参加の仕方だったので (いや、身体的にも時間的にもあれで精一杯だったのですが)、 今年は…

治ってきた!

熱が高い期間が長く、湿った咳がひどかったので、一時は肺炎も疑いましたが、結局ただの風邪でした。 一昨日・昨日が最もひどい状態で,看病と病院通いのため,私は仕事を休ませてもらいました。同僚には迷惑をかけてしまいましたが,休ませてくれた皆さんに…

治ってきた!

熱が高い期間が長く、湿った咳がひどかったので、一時は肺炎も疑いましたが、結局ただの風邪でした。 一昨日・昨日が最もひどい状態で,看病と病院通いのため,私は仕事を休ませてもらいました。同僚には迷惑をかけてしまいましたが,休ませてくれた皆さんに…

初めての高熱

息子,保育園でバッチリ風邪をもらってきました。 もともと少し風邪っぽかったのが,さらにひどく。 38度以上の熱が3日間続いてます。3日目の今日は,ついに40度超え。 乳児ではこれくらい珍しくないと頭ではわかっていながらも, 喉ゼーゼー,咳ゴホゴホ,…

昔の手帳に書いてあった研究メモ。

昔の手帳をひらいたら,こんなメモがありました。 ---------------------- 若い時は研究に専念せよ! 発見(人間とは独立に存在する何か)と発明(人間の知性の産物),どちらをする研究なのかを意識する 応用研究にも(にこそ)論理的裏づけをする 研究の3…

保育園から電話

4月2日。正式に預け始めて2日め。「○○くん(息子の名前),お熱です」。 あー,さっそく来た。噂の(?)電話。 意外と焦らなかったのは,当日のメインの用事が終了していたからかな。 16時に大学を飛び出して急いで迎えにいって,自宅で熱を計ったら,…

特別研究費成果発表会

未来大では,研究を奨励するしくみとして,特別研究費制度があります。研究計画のプロポーザルを提出すると,審査を経てその年度だけ使える研究費が付与されます。 私は昨年度は産休・育休をいただいていたので特別研究費には応募しなかったのですが,いくつ…

復帰しました。

昨年の5月26日からの産休および,7月14日からの育休が終了し,本日より職場に復帰しました。 初日から,午前中は息子の入園式でバタバタ,午後はさっそく会議でビッチリ埋まっているという状況です…。 私は保育園のお迎え担当なので,17時頃には大学を出てし…

Half Birthday

…といっても、特別なことは何もしないのですが。 息子、今日で生まれて半年になりました。 私の育児ライフも、やっと半年になりました。 よく、「生まれて半年はあっという間だった」とか聞きますが、私はこの半年、長かったです。 慣れない育児、いつまで経…

本:女性研究者とワークライフバランス

「女性研究者とワークライフバランス」。空き時間で少しずつ読み進めている。数名の女性研究者のワークとライフについて、その時々の迷いや決意などがありのままに書かれている。これから妊娠・出産・育児の荒波に立ち向かおうとする(または、すでにその波…

博士の意味

以前、姪っ子から突然、 「ねえ、みおちゃんってはかせなんでしょ? はかせって何でも知ってるの?」と、電話がかかってきた。 それに対して私は、「何でも知ってるわけじゃないよ。すごく狭い範囲のことでも、知らないことがいっぱいあるってことは知ってる…

仕事はじめ

年末に依頼された査読から、今年の仕事をはじめる。 読んだ本のメモがたまっているので、整理して少しずつ公開していこうっと。

あけましておめでとうございます。

11月の末に、長い里帰りを終えて函館に戻りました。 バタバタで更新が止まってしまいましたが、またぼちぼち書きたいと思います。 さて、今年は4月から仕事に復帰します(早く仕事したかったので嬉しい)。と同時に、4月で9ヶ月になる息子は保育園デビューで…

これからやっていけるんだろうか?

研究者ママ友とも話したのだけれど、最近、読書時間がほとんどとれない。ペラッペラの新書をざっと読むのに、数日かかってしまう。 4月からは保育園に預けるとはいえ、使える時間が圧倒的に少なくなった中で、今までと同じかそれ以上に、授業や学生指導、研…